忍者ブログ
玉川麻衣の作品、日記、展示等のお知らせです。  新しい作品はカテゴリー「ペン画1」に入っております。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11
少し日が経ってしまいましたが…
個展「冥遊記」終了いたしました。
お越しくださった方、お買い上げご注文くださった方、あたたかいお言葉をくださった方、素敵な差し入れをくださった方、お気に掛けてくださった方、誠にありがとうございました!!




今回、初日にひどく落ち込んでしまい…
諸々を普段以上にうまくできなかったこと、反省です。
ペース配分や予定と体調(精神面も含めて)の管理、今後の課題です。
(しかし。さすがに幾つか腹に据えかねることがあり。。今後のこと、よく考えます。。。)


今回、お客様からいただいた素敵なお言葉に本当に救われました。
こんなに素敵な方々にご覧いただけているのだから、胸を張って前へ進まねばなりません。
皆様本当にありがとうございます!


レセプションの様子。
たくさんの方にご来場いただき感激でございました。皆様ありがとうございました!

 

タケルさんが作ってくださった看板!



裏も格好いいのです!宝にします(*^^*)



闇を切り裂くような圧倒的なパワーの歌声と、心地よい闇に潜ってゆくようなずしりと重いバリトンサックス。
素晴らしかった!!格好よかった…!!!o(><)o



タケルさん、浅野さん、本当にありがとうございました!!
何故か酒瓶を手に仁王立つ私。



タケルさんはこの日がお誕生日で…
手にされているのは、お祝いに献上したジャックダニエル。
そして個展祝いにいただいた「しろ」もとい「さる」。
酒交換。思えばお会いしたきっかけも酒でした。。


今回お客様からいただいたお言葉でとても嬉しかったもの。
通奏低音としての自然への敬意
土俗的シャーマニズム
激しさや闇の先にあるあたたかさ。生きるということ。
上品な狂気
暗闇の中に凛と佇む狼は、作者の姿そのもの
(…読み返していたら泣けてしまいましたよ(T_T)
…皆さま本当にありがとうございます!描いてきてよかった…!!


さて次は、来年です!
1/3~5 「アートのチカラ」(伊勢丹新宿店)
2月には昨年涙を呑んでご辞退させていただいた「kowaii展」、時期はまだ未定なのですが「骨のあるアート展」…
3月か7月くらいに、写真家さんと学芸員さんと一緒に七ツ石山をテーマとした展示に参加させていただけそうです。
そして、12月にはストライプハウスギャラリー(六本木)にて個展を開催させていただきます。
落ち込んでいる時間はありません。
心身整えて頑張りますよ!


次の絵たちの足音が聞こえます。
私の絵はこれから少し変わるかも知れません。
(ツイッターに投稿したもの)


壊したい。
破壊と再生。風化と萌芽。生生流転。。

次のテーマかな。
PR

玉川麻衣個展「冥遊記」
12月7日(水)まで、四季彩舎(京橋)にて開催中です!
11:00-18:30 日曜休
lhttp://www.shikisaisha.com/up-coming/2531.html

  


12/3(土)17:30~レセプションパーティをいたします。
参加費無料、持ち込み歓迎です。
お気軽にお越しください。一緒にゆるゆる飲みましょう(*^^*)
そして!
18:30~☆Special Live  出演/vocal タケル sax 浅野廣太郎☆
めちゃくちゃ格好いいミュージシャンのお二方がライブを開催してくださいます!

 

十四年ほど前…私が絵描きを志したばかりの頃、タケルさんのライブを拝見し、その歌のパワーに衝撃を受けまして。
本当に素晴らしいボーカリストです。実は、北斎と並んで影響を受けたアーティストです。
今回、私の絵のイメージで詞を書き下ろしてくださるそうで…感激ですよ!o(><)o
本当に格好いい方々なので、是非体験しにお越しください。


 


そしてこれはタケルさんが書いてくださった今展のタイトルです。
格好いい……(*^^*)
実はこのタイトル、タケルさんが付けてくださったんです。
夏の終わり頃…台風が三つ来ている日でした、うっかり朝の9時から飲酒するというやんちゃをやらかしまして…
その席で「タイトル決まらん~~考えてるけど今一つ~~」とごねたところ、その場で付けてくださいまして。そして思い切ってライブのお願いをしたところ、快諾してくださいました。やったぜ!!


youtubeより。
タケル(ex鮫from熊本) [distance]


初めて拝聴した タケルさんの歌は、この曲でした。
切ない歌詞なのだけど、圧倒的なパワーで歌い上げられると、その生命感に打たれます。
今回、制作しながら和泉式部の歌…


暗きより 暗き道にぞ入りぬべき  遥かに照らせ山の端の月


を思っていたのですが、どこか通じるものも感じます。
動画も素敵ですが、生歌は更に更に!素晴らしいです。
どうぞ体験しにお越しください!


装画を提供させていただいた詩集「九月十九日」の著者・森水陽一郎さんが、ご自身のブログでこの度の個展をご紹介くださいました。
ありがとうございます!

http://yoichiromorimizu.blogspot.jp/

(ふたつくらい下の記事です)
「九月十九日」は見事!第18回小野十三郎賞を受賞されまして、お忙しいご様子です。
勝手に嬉しくてたまりませんよ!o(^-^)o
そしてですね、今回、制作しながら和泉式部の歌…

暗きより 暗き道にぞ入りぬべき  遥かに照らせ山の端の月


を思っていたのですが、この歌が詠まれた書写山圓教寺は、森水さんのご実家の近くなのだそうです。
びっくり!不思議なご縁です。


森水さんは、詩の他に小説や童話もお書きになっています。
ブログの右肩あたりの「著作一覧か」ら、Amazonの著者ページに繋がっています。
私が特に好きなのは、「湖上の回廊」、「キャベツ夫人と、その他の掌編」に収録された「キャベツ夫人」「カニ潰しの尼」「魔女の心臓」、「ダンゴ虫先生と、その他の掌編」に収録された「僕、来たりて」「聖女ルカ」、「噛みつき男爵」に収録された「根曲がり正直乃介」…
(…や、待てよ、あれとあれも……!)
また、「読み物・目次一覧」から、幾つかの詩やエッセーを読むことが出来ます。
どれも素敵です!

「九月十九日」は個展会場でも販売させていただいております。

玉川麻衣個展「冥遊記」
2016年11月28日(月)- 12月7日(水)
四季彩舎(京橋)
11:00-18:30 日曜休
lhttp://www.shikisaisha.com/up-coming/2531.html

「冥」…暗い。闇。あの世。奥深い。神仏のはたらき。人の知らない所。
冥から冥を渡りながら月の光に憧れ戯れる…そんな命たちを描きたい。
狼図と妖怪図を展示いたします。




よろしければどうぞお立ち寄りください。
12月2日15:00~、3日13:00~、7日13:00~在廊しております。
(6日にもいけるかな。。)


(ごめんなさい!最初、2日のつもりで1日と書いておりました(>_<)1日の14:30に気付きました(>_<)ごめんなさい~~~~)
SM「山姥 2」




山姥は、人里に住めず野生化した女性、というイメージ。
とても難産で…
もう駄目かも諦めよう、と思った瞬間…



顔が変わった。

プロフィール
HN:
玉川麻衣
年齢:
39
性別:
女性
誕生日:
1977/05/08
職業:
絵描き
趣味:
酒、読書
自己紹介:
ペン画を制作しています。 詳しくはカテゴリー「プロフィール」よりご覧下さい。

連絡先→tamagawa10@hotmail.com
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]


(Design by 夜井)