忍者ブログ
玉川麻衣の作品、日記、展示等のお知らせです。  新しい作品はカテゴリー「ペン画1」に入っております。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
図案を描かせていただきました、七ツ石山の狼手拭二種、来月発売になるみたいです!


https://twitter.com/tabayama_1/status/832456384369225728

https://twitter.com/tabayama_1/status/832479377782829057
まずはイベントでの販売、その先のことはこれから、のようで…
詳しくわかりましたらまた、お知らせさせていただきます。



追記しますと書きながらそのままになっておりました(^-^;ゞ
先日掲載した「夏の花」は、河津聖恵さんの詩集の装画用に描かせていただきました。
再掲。




表題作のイメージ画なのですが…
何というか、本当に、ヘヴィでエキサイティングな制作でございました。
表題作は、花を通して現代社会の大きな問題に真っ向から対峙された、力強く美しい詩です。
本文を読ませていただき、そこからイメージしたラフ画をお送りし、お言葉ご意見をいただき膨らませて骨組みを作り、いざやとペンを持ち…
轟々と吹き荒れる真っ黒い嵐の中に突撃し、何も見えず左右天地も時間もわからないままに手探りで這うように進み…
恐怖だとか不安、絶望、、次々立ち現れるそういった感情を呑み込み呑み込まれ、もう駄目だと思ったその時ふと風が止み、目を開けると無数の光が煌いていた。
…そんな感じの制作でした。


河津さんの、研ぎ澄まされて力強くきらきらしたお言葉によってイメージがぐんぐんと膨らんでゆく感覚に、ぞくぞくいたしましたよ。
激しく幸せな制作でした。
河津さんにも気に入っていただけたみたいで…嬉しいなぁぁ!o(^-^)o
5月に刊行されるそうです。
どのように使っていただけるのか、ドキドキです。
詳しくわかりましたらまた、お知らせさせていただきます。

(今回二つ、書きました。下の記事も新しいです~↓)
PR
「Kowaii vol.6」展
1月23日(月)~2月4日(土)  ※最終日は午後5時閉場
銀座・新井画廊
http://hakkendo.net/exhibitions.html#kowaii6




4点出品予定です。
あと1点、頑張りますよ…!0(>_<)o

玉川麻衣個展「冥遊記」
12月7日(水)まで、四季彩舎(京橋)にて開催中です!
11:00-18:30 日曜休
lhttp://www.shikisaisha.com/up-coming/2531.html

  


12/3(土)17:30~レセプションパーティをいたします。
参加費無料、持ち込み歓迎です。
お気軽にお越しください。一緒にゆるゆる飲みましょう(*^^*)
そして!
18:30~☆Special Live  出演/vocal タケル sax 浅野廣太郎☆
めちゃくちゃ格好いいミュージシャンのお二方がライブを開催してくださいます!

 

十四年ほど前…私が絵描きを志したばかりの頃、タケルさんのライブを拝見し、その歌のパワーに衝撃を受けまして。
本当に素晴らしいボーカリストです。実は、北斎と並んで影響を受けたアーティストです。
今回、私の絵のイメージで詞を書き下ろしてくださるそうで…感激ですよ!o(><)o
本当に格好いい方々なので、是非体験しにお越しください。


 


そしてこれはタケルさんが書いてくださった今展のタイトルです。
格好いい……(*^^*)
実はこのタイトル、タケルさんが付けてくださったんです。
夏の終わり頃…台風が三つ来ている日でした、うっかり朝の9時から飲酒するというやんちゃをやらかしまして…
その席で「タイトル決まらん~~考えてるけど今一つ~~」とごねたところ、その場で付けてくださいまして。そして思い切ってライブのお願いをしたところ、快諾してくださいました。やったぜ!!


youtubeより。
タケル(ex鮫from熊本) [distance]


初めて拝聴した タケルさんの歌は、この曲でした。
切ない歌詞なのだけど、圧倒的なパワーで歌い上げられると、その生命感に打たれます。
今回、制作しながら和泉式部の歌…


暗きより 暗き道にぞ入りぬべき  遥かに照らせ山の端の月


を思っていたのですが、どこか通じるものも感じます。
動画も素敵ですが、生歌は更に更に!素晴らしいです。
どうぞ体験しにお越しください!


装画を提供させていただいた詩集「九月十九日」の著者・森水陽一郎さんが、ご自身のブログでこの度の個展をご紹介くださいました。
ありがとうございます!

http://yoichiromorimizu.blogspot.jp/

(ふたつくらい下の記事です)
「九月十九日」は見事!第18回小野十三郎賞を受賞されまして、お忙しいご様子です。
勝手に嬉しくてたまりませんよ!o(^-^)o
そしてですね、今回、制作しながら和泉式部の歌…

暗きより 暗き道にぞ入りぬべき  遥かに照らせ山の端の月


を思っていたのですが、この歌が詠まれた書写山圓教寺は、森水さんのご実家の近くなのだそうです。
びっくり!不思議なご縁です。


森水さんは、詩の他に小説や童話もお書きになっています。
ブログの右肩あたりの「著作一覧か」ら、Amazonの著者ページに繋がっています。
私が特に好きなのは、「湖上の回廊」、「キャベツ夫人と、その他の掌編」に収録された「キャベツ夫人」「カニ潰しの尼」「魔女の心臓」、「ダンゴ虫先生と、その他の掌編」に収録された「僕、来たりて」「聖女ルカ」、「噛みつき男爵」に収録された「根曲がり正直乃介」…
(…や、待てよ、あれとあれも……!)
また、「読み物・目次一覧」から、幾つかの詩やエッセーを読むことが出来ます。
どれも素敵です!

「九月十九日」は個展会場でも販売させていただいております。

玉川麻衣個展「冥遊記」
2016年11月28日(月)- 12月7日(水)
四季彩舎(京橋)
11:00-18:30 日曜休
lhttp://www.shikisaisha.com/up-coming/2531.html

「冥」…暗い。闇。あの世。奥深い。神仏のはたらき。人の知らない所。
冥から冥を渡りながら月の光に憧れ戯れる…そんな命たちを描きたい。
狼図と妖怪図を展示いたします。




よろしければどうぞお立ち寄りください。
12月2日15:00~、3日13:00~、7日13:00~在廊しております。
(6日にもいけるかな。。)


(ごめんなさい!最初、2日のつもりで1日と書いておりました(>_<)1日の14:30に気付きました(>_<)ごめんなさい~~~~)
プロフィール
HN:
玉川麻衣
年齢:
39
性別:
女性
誕生日:
1977/05/08
職業:
絵描き
趣味:
酒、読書
自己紹介:
ペン画を制作しています。 詳しくはカテゴリー「プロフィール」よりご覧下さい。

連絡先→tamagawa10@hotmail.com
ブログ内検索
最新記事
カウンター
忍者ブログ [PR]


(Design by 夜井)