忍者ブログ
玉川麻衣の作品、日記、展示等のお知らせです。  新しい作品はカテゴリー「ペン画1」に入っております。
[1302]  [1300]  [1299]  [1298]  [1297]  [1295]  [1294]  [1292]  [1291]  [1290]  [1289
どぉにか熱は下がり、胃も小康状態です。
ご心配くださった方、あたたかいお言葉をくださった方、本当にありがとうございます!
お返事なかなかさせていただけなくてごめんなさい!
(文章モードを立ち上げるパワーが足りず…(>_<)
寝込んでいたおかげで諸々がッつり遅れてしまい、
\(;▽;)/
てな顔して描いております…


楽しいことを思い出して元気になろう。
先日訪れた内房の写真。




鋸山 日本寺の大仏と磨崖仏。
境内に点在する羅漢象。

  

かつて石切り場であったのだそうで…岩肌が大きな鋸で挽いたみたいだなぁ。



地獄覗きと呼ばれる山頂展望台より。



切通から見上げる木々が美しかったよ。
モーセや水族館を思いました。

    

九月の終わりであったけれど空が夏でした。
なるほど。山の空と海の空は少し違うなぁ。



崖漢音とも呼ばれる舟形山 大福寺。
観音堂からの眺望。

 

鶴谷八幡宮の百態の龍。
幕末から明治にかけて活躍した、房総出身の木彫師・後藤利兵衛義光の作なのだそうです。



波の姿を捉えたいものだなぁ。
幾ら見ていても飽きません。



暮れてゆく浜辺。
見えにくいけど、右の方に富士山が。



海を描きたい気持ちがぽっちり萌芽。


楽しい思い出は力をくれますね。
よぉし。頑張ろう!!o(>_<)o

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ふむ
海は本当に飽きないです。

何故、塩水を見ていて飽きないのでしょう。
家でコップに塩水を入れてもすぐ飽きます。

川もそうですが、人間って水の音に癒される
んですよね。

お母さんの羊水がどうたらって言うけど、

もっと遡って、生命の誕生が海だからでは
ないでしょうか。

こんなにでかい立体物を作る人って凄い。

なんか、できあがって、

やべ!鼻がでかかった!!

とかないのかな?って思います。

楽しいことを考えたり、癒される場所へ
行ったり、自分が傷ついたときの回復の術
は色々用意しておいた方がいいですよね!
れんたろう 2016/11/11()00:33:29 編集
プロフィール
HN:
玉川麻衣
年齢:
40
性別:
女性
誕生日:
1977/05/08
職業:
絵描き
趣味:
酒、読書
自己紹介:
ペン画を制作しています。 詳しくはカテゴリー「プロフィール」よりご覧下さい。

連絡先→tamagawa10@hotmail.com
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]


(Design by 夜井)