忍者ブログ
玉川麻衣の作品、日記、展示等のお知らせです。  新しい作品はカテゴリー「ペン画1」に入っております。
[1230]  [1229]  [1228]  [1227]  [1226]  [1225]  [1224]  [1223]  [1222]  [1221]  [1220
始まりました!
「骨のあるアート展」、伊勢丹新宿店5階アートギャラリー にて3/1まで開催しております!


どぉにかこぉにか間に合ったよ…よかった……(T_T)
〆切破ると世界が終わるような気のする小心者なのに、いつもぎりぎりになってしまい…
いつも「今度こそ余裕納品。前倒し制作!」て思っているんだよ。本当だよ!
そして、小町図にご売約をいただいたそうです。
嬉しい…ありがたい……(T_T)


思えば、昨年末の個展は準備期間が予定より二か月ほど短くなってしまい半泣きで全力疾走するように臨み…
その後二週間足らずでグループ展、ひと月ほどでアートフェア、一週間ちょいでグループ展。
それが昨日より始まりました。 
約半年振りのひと段落。心身共にずっと極限だった気がします…


ここからは、幾つかのグループ展を経て11月の個展へ。
また走り出す準備をしよう。
取材と資料集め、クロッキーと読書もしたい。体力作りもせねば。
インプットとトレーニング!!
深めるもの。学ぶもの。開拓するもの。維持するもの。


でも今日は浜辺に落ちてる海鼠のように無為に過ごします。つぅか動けん…(*_*)


SNSに投稿したもの少し。

自信がないから人が怖くて人前に出る時は逆切れ的なテンションとなりいらんこと言って後に自己嫌悪で落ち込む、という…毎度……

人目に付くと無条件で石を投げられるような気がして仕方ないのだけど、そういえば展示会場でそんなことは一度もないし、あたたかいお言葉や美味しいお酒やお菓子をいただいたりするではないですか。
いいかげんに慣れなさい私。
優しい方々がいるではないですか。


「自分」からの脱却。 てなことがここのところしばしば思い浮かぶ。
現在自分が認識する「自分」はすでに過去のものであるかも知れない。

今までは、自分と対峙して土台・足場を築く、という作業、 自分の腹の内に棲む獣とどう付き合うか、という模索、、、 をしてきたのかも知れない。
これからは、この足場から外を見渡すこと、獣と連れ立って旅をすること、も考えてゆくべきかなぁ… て、ふと思ったよ。

腹の内にどす黒い獰猛な獣がいる。
描いて出してやらないと内から食い荒らされそうな心地がする。
獣たちと対峙し食らい合い捻じ伏せて作品にするために、負けないように鍛えています。
…てなことを正月の「アートのチカラ」のギャラリートークで話したら、だいぶ引かれましたよ(^-^;



新しい季節へ向かっているような、心地がします。
幾らか見えるものが変わってきて…より一層、軸を強く持たねばなぁと!
私の絵はきっと、幾らか強く、自由になります。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
味方のひとりです
〆切に間に合って良かったですね!
そして、小町図売れて良かったですね!
お疲れ様でした!

なるほど。

対人のための自分設定がままならないまま
外に出ていたので他人が怖かったんでしょう
まだ、準備終わってねぇよって感じで。

心の獣は誰でもいます。
ただ、そのまんま ほったらかしの人が
ほとんどです。

獣は殺すことはできません。

一緒に連れてスタートを切りましょう!

大切なことは、
獣が暴れた時にどう治めるかです。

病気にならないカラダはありません。

病気になったときにどう治すか?

病気にならないカラダ作りをどうするか?

です。

僕も、昔、獣をどうやって殺すか相当に
悩みました。でも、ムリです。

獣は自分なので、獣を殺したら自分も死にます。

また、獣は自分の弱さのバロメーターでも
あるので、こういう所が弱いから治せば?

って警告してると思えば、ありがたい存在です。

世界最強の剛拳は仲良くなることです。

そして、棟梁みたいに絵の上手い人に
描いてもらったら獣も喜ぶでしょう!




あなた自身が自信を持って太い軸を持った時、
あなたの絵は更に強く、更に自由になります

きっと ではなく かならず
れんたろう 2016/02/25()22:56:52 編集
ありがとうございます!!
やぁぁ、小町図は自分で何だか怖かったもので、手元を離れてほっとしましたわ~(^-^;

ありがとうございます。
仰る通りかも知れません。
思えばここ三年ほど、自主修行を一段落として心のお山から下りてきたらいきなら全力疾走!のような日々でした。
最近雑誌とテレビの取材を受けまして、絵に対するスタンスやこれまでのこと、自分の根元に向き合って言葉にする必要がありまして…
長い間幾つかの悪循環を抱えたままになっていたのだな、ということに気付きました。
約ニ十年振りに友人と再会する機会等があったり…今は「節目」の時期であるのかも知れません。

最強の剛拳!なるほど~!!
温かく力強いお言葉に勇気が湧きます。
本当にありがとうございます。
新しい絵たちの気配を感じています。
焦らず油断せず、新しい季節へ進んで行きたいです!
玉川 2016/03/20()08:00:21 編集
プロフィール
HN:
玉川麻衣
年齢:
40
性別:
女性
誕生日:
1977/05/08
職業:
絵描き
趣味:
酒、読書
自己紹介:
ペン画を制作しています。 詳しくはカテゴリー「プロフィール」よりご覧下さい。

連絡先→tamagawa10@hotmail.com
ブログ内検索
最新記事
カウンター
忍者ブログ [PR]


(Design by 夜井)